LEDで明るい生活!

LEDは初心者でも慣れれば簡単に自作できる!

LEDを自作する際、初心者の方については、どのように作ればいいのか分からない方もいるでしょう。
まず、どこにどのようなものを付けたいかを考える必要があります。
同じLEDといっても、多数のものが存在しますので、どのようなものを選択するかが用途に合わせておく重要になります。
用途を考えたら早速購入しましょう。
方法としては近所にある電気パーツ店かオンラインショップがほとんどになるかと思われます。
もし、試しに作ってみたい場合は電気パーツ店で、本格的に、たくさんの数を購入したいという場合にはオンラインショップがそれぞれおすすめです。
1個あたり数円が数十円となります。
あとは、好きな色を選んでみたりしてもよいでしょう。
あとは抵抗を知る必要があります。
抵抗とは1ボルトの電圧を加えた時に1アンペアの電流が流れると1オームの電気抵抗を持つことを示します。
抵抗を買うのも電気パーツ店やオンラインショップが良いです。
材料が準備できたら配線しますが、はんだとはんだごてが必要になります。
仮に配線して発行したら実際にはんだ付けして、完成となります。

LEDの自作について

LEDを使った装置を自作する時に大切なのはまずはどのLEDを選ぶのかということです。
種類は沢山あありますから用途に応じて選んでいく必要があります。
種類によって光度と呼ばれる明るさを示す指数が違います。
これを考慮して選択をしていくことで良い装置を作ることができます。
LEDは豆電球のように広い範囲を照らすことには適していません。
ですから、光度を高くするか、または多くを設置することで明るさを増やすことができます。
その後に抵抗を設置します。
これらをつなぎ合わせることで様々な明るさを持つ装置を作ることができます。
ゲーム機のスイッチの部分にも使用されていたり、最近では信号機などにも使用されている証明です。
自作をすることは難しいと考える人も多いものです。
専門的な知識が必要であると考える場合もあります。
確かに設計をする時には知識が必要なのですが、簡単に考えると照明であると言えます。
ですから、組み上げて発光をすればいいのです。

注目サイト

最終更新日:2016/1/7