LEDで明るい生活!

LEDの屋外での照明としてのメリット

LEDは発光ダイオードのことで、照明の一つとして用いられています。
LEDライトの特長としては、寿命が長いこと、紫外線や赤外線が従来の照明よりも少ないことなどがあげられます。
そのため芸術作品への照明としてはとても適しています。
また、電力消費量が他の照明よりも少なくて済むので省エネにも優れています。
また、屋外での照明としても用いられます。
さまざまな色の光を生み出すことができるので、イベントの演出でも役に立ちます。
信号機もLED照明のものが多く設置されています。
また、虫が光に集まってくるのは、紫外線に引き寄せられてなのです。
ですので、紫外線を発しないこの照明は、屋外で使う際には虫が寄ってこないというメリットもあります。
また、低温に非常に強く、氷点下20度に達しても問題なく発光し続けます。
そのため、寒い地域での屋外での点灯としても適しています。
このように、発行ダイオードによる照明のメリットは大きいです。

LED照明付きの看板を屋外で効果的に使用するための心得

LED照明は一般的な電球や蛍光灯と比べて明度が高く、光が拡散しにくい特徴があります。
そのため、日中でも対象を明るく照らすことが出来るので屋外の看板の宣伝効果を向上できる効果があります。
また、LED照明は紫外線を殆ど発生させないので虫が集まることがないのも屋外での使用に適している要因の一つです。
その一方でLED照明は外部からの刺激に弱いので強風や降雪などによる故障を防ぐ必要があります。
水濡れでの破損を防ぐための処置を施すことが大切なので、看板を作成する際には専門業者による適切な作業が不可欠です。
そのため、作成の依頼は複数の業者を比較したうえで慎重に選ぶように心がけます。
屋外に看板を設置する場合は宣伝効果を上げるために目立つ場所を選ぶ必要がありますが、設備の故障などのトラブルに迅速に対応することも大切なので設置場所に気を配ります。
看板は日光や風雨に晒されて色落ちや破損などが生じることがあるので、照明設備と共に定期的に点検や交換を行うことが長持ちさせるための条件です。

check

Last update:2016/5/25